FC2ブログ
◆ご一読ください◆
2010年07月01日 (木) | 編集 |
◆保冷剤について◆
保冷剤は、いまやワンコ達が涼をとるのに欠かせない、必須アイテムになっています。保冷剤を装着するためのポケットが付いているワンコ用の服まで目にするようになりました。
それほど便利、かつ手軽で手に入りやすいもので、重宝している方も多くいらっしゃると思います。

ただし、種類によっては非常に危険です。
保冷剤が原因でルネディも死にかけたことがあります。
知っていたら防げた事故で、我々が無知だったばかりにルネディには苦しい思いをさせてしまいました。

泣きそうよ・・・
「マジ苦しかったです。思い出すとこんな顔になっちゃいます」 byルネディ

以下、長文ですがご一読ください。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
イタリアにもフレブルが!
2010年04月01日 (木) | 編集 |
Firenze


10日ばかり、イタリア、主にフィレンツェにいました。イタリアに行ったら、イタグレがいっぱいかな…と思っていたら。ミックスがほとんどでした。しか~し、いましたよ、フレンチ・ブルドッグが

Emma


ホワイト(耳に黒点があるのでパイド?)のEmmaちゃんです。
レストランが開く時間までぶらぶらしていると、フレキシブルリードに繋がれ、前のめり気味でお散歩しているところに遭遇
「写真撮っても良いですか。私もフレブル飼ってるんです」と言って、ケータイの待ち受けにあるルネの写真を見せると、「まー、かわいい。もちろん良いですよ」と、写真を撮らせてもらいました。
顔を撮ろうとすると、膝に飛び付くわ、カメラに頭突きするわの大興奮。ルネと同じ表情です。
飼い主さんが「おすわり!良い子にして」と連呼しても治まらず…。で、まともに撮れたのは後ろ姿だけでした

このEmmaちゃん、なんと我々が入ったレストランに、家族ともども一緒に入ってきたんです観光客相手の結構お高めのレストランなんですが…。人間四人がテーブルを囲んで盛り上がっている間、Emmaちゃんは足もとのマットの上で丸くなって寝ていましたその間3時間くらいかな…。
そっか。犬連れてヨーロッパ旅行に来るんだ(飼い主の家族は、おそらくアメリカ人)。レストランに入るんだ。
どちらも、我々にとってはカルチャーショック
Emmaちゃんも慣れているらしく、我々も、周りのお客も存在を忘れていました。店の前で会った時と同じ犬とは思えませんでした。

帰り道。有名な観光地、ドォーモの前で、ワンコの集団に遭遇
フィレンツェのワンコ


ローマに比べると、犬が多い気がします。

さらに帰る途中、看板犬と思しきブリンドルのフレブル2頭に遭遇閉店するところだったので、写真が撮れませんでした。
翌日行った市場でも、パイドのフレブル発見。こちらは食べ物関係のところもワンコOKなのね…。
飼い主が品物を物色している間、下に落ちていたオレンジを食べて、怒られていました

郊外にくると、ワンコに遭遇する頻度がさらに増えます。フレブルをもう1頭発見して、今回のフィレンツェ滞在中は5頭のフレブルに会いました

しかし、こちらの飼い主さんたちは、ワンコがしたウンを拾わないんですよね…。だから道が汚い
観光大国を謳うのなら、これは考え直した方が良いと思うのですが。
モラルの基準が違うのでしょうか。

この間、ルネはヤマアラシ宅でお留守番。
その時の様子はまたの機会に



FC2ブログランキングに参加しています。
ポチっと一押し,お願いします。



バックアップのススメ
2010年02月19日 (金) | 編集 |
突然パソコンが起動しなくなるという恐ろしい事態に見舞われました
何をやっても回復せず、自力回復を諦めてサポートセンターに連絡
予想通り、再セットアップをすすめられました。
当然のことながら、それをするとハードに保管していた写真は消えてしまいます。 が、選択肢がそれしかないそうなので、泣く泣く再セットアップをしました

当たり前ですが消えましたねー。
写真はもちろん備忘録として残しておいたメモまで綺麗サッパリです

そうは言ってもルネ&すずの写真は諦めきれず、ハードを探索すること数時間。全部ではないのですが写真が残ってましたよ~
なんでだろ 理由は分かりませんが嬉しいぞ~

というわけで救済された写真の中からピックアップ

茨城にて、「はじめましてルネち」のとき 

まだ耳が立ってないよー


いやいや、小さい頃の写真は貴重ですよね。これが無くなっていたかもと思うと恐ろしいかぎりです。一部だけだったけど見つかって良かったぁ

せっかくなのでもう一組。ルネもすずもちっこいな~ ルネはまだ真っ黒だった頃ですね

若かりし頃のルネ おねむバージョン

若かりし頃のすず おねむバージョン


みなさま、写真の保管はどうなさっていますか
「パソコン本体に保存してるだけだよ~」というかた、ぜひ他の媒体などにも保管しておきましょう 今回みたいに前触れもなく突然異常事態になると本当に焦ります 
せめて何か予兆のようなものがあれば・・・・・あっ、そういえばお正月に住所録のファイルが開かなかったのは不具合の前触れだったのか(おかげで今年の年賀状は殆どの人が電子メールでの年賀状だったっけ )

とにかく、ちょっとでもヘンなことが起こったら即バックアップ 忘れないようにしなければ。

余談ですが、フォーマットをするとメールも消えちゃうんですよね。
メールって、誰といつ、どのようなやり取りをしたかが日記みたいに記録として残るじゃないですか。いろんな場面で重宝したんだけどなぁ。
そんなメールさん達も消え、更に衝撃的なのはメールの設定が最初からやり直しという事実。友達のアドレスもきっと全部消えてるだろうし、大ショックです

それではこれからメールの設定にとりかかります。あぁぁやる気がでないよぅ
しかしパソコンが起動しなくなってから2週間近いのできっと多量のメールがきてるはず。頑張りまーす

FC2ブログランキングに参加しています。
ポチっと一押し,お願いします。


デジカメ選び
2009年05月17日 (日) | 編集 |
先代のデジカメがこわれてから一年半、いよいよ新しいものを購入することにしました。
しかしながらいきなりお店にいっても迷うことは必須、ということでまずは下調べからパソコン

それにしてもいろんな種類がありますねー 
人の顔認識&手振れ補正機能なんて殆どの機種についています。デジカメも賢くなったもんだjumee☆surprise11
とりあえずどんなものが欲しいのか、希望をまとめてみると、

1.室内でそれなりに撮れるもの。
2.動き回るワンコがそれなりに撮れるもの
3.屋外でもそれなりに撮れるもの


大前提として人間の撮影がきちんとできることを除き、重きをおくポイントは以上の3点。
“それなりに” という言葉が羅列されてますが、ようは素人にも使いやすく可もなく不可もないような写真が撮れるものということです。
完璧な仕上がりをもとめるならデジイチくらいにしなきゃ無理なので、抜きん出た性能がなくても平均値をクリアしていればOKということで。
さらに絞り込むために付け加えると、

4.動画の質にはこだわらない(メモ程度に使えればよい)

そんなことを念頭に再度ネットで調べ、候補を数機種あげて某家電量販店へ。
そして店員さんに相談。
店員さんのお勧めの機種が候補のなかに入っていたこと、期間限定でかなり値下げされていてお買い得だったことが決め手となり、そんなに時間をかけずに決定と相成りました。

さっそく帰宅して初撮影です。被写体は当然このかた。
記念すべき一枚目。

呼んだ?


おー、いいんじゃない
コンパクトデジカメにしては良いできですねGOOD

もう一枚撮ってみます。

なにさ


大きく引きのばす予定もないし室内でこれだけの写真が撮れれば素人の自分には納得のいくレベルです。

お値段アップロードファイルですが、期間限定の安売りと初代デジカメの下取りのおかげで、SDカード&防護フィルムを含め、たまっていたポイントとの交換で間に合いました。
通常価格だったらポイントだけじゃ無理だった・・・と思うとかなりお徳だったな~と大満足です笑顔


FC2ブログランキングに参加しています。
ポチっと一押し,お願いします。



幸せになるんだよ~里親募集です~
2008年02月20日 (水) | 編集 |
今日はルネとすず、年に一度の定期検診の日でした。
月一のワンワンデー検診とは違い、大がかりなもの。
朝は絶食して血液検査や尿・便検査など、本格的なものです。

まあ、その詳細は後にして。

病院に行くと、見つけてしまいました…。

掲示

そう。里親募集のブヒです。
実物がケージに入っていました。
この病院には里親を募集する猫ちゃんは結構います。
犬がこういう形で披露されているのは珍しく思います…。
しかもフレンチブルドッグ。

遊ぶの?


きれいなパイドの男の子。2歳だそうです。
ルネと同じくらいだね。
通りがかる人はみんな、この子を覗いて行きます。
そして人が覗くと、近寄っていきます。
人懐っこく、吠えたりもしません。
指をケージに入れると、指をクンクンと嗅ぎに来ます…。
これもルネと同じ。
人が好きなのね。

今までは、里親募集の子を見ても、それほど強い感情を持たなかったのですが。
今回はいろいろ考えてしまいました。

「前の飼い主様のご家庭の事情で一緒に暮らしていくことが出来なくなってしまいました」
…こんなかわいい子を手放す事情って何?

ご飯、食べたよ。


でも。「去勢済み、5種混合・狂犬病ワクチン済み、フィラリア予防しています」
毛並みもきれい。
きちんとケアされています。
そしてこの人懐っこい性格。
察するに、前の飼い主さんにとても愛されていたんだと思います。
そして、その飼い主さんが保健所や施設ではなく、病院に連れてきたのはその人なりの最善の手段だったと思います。
この子を手放すのもきっと、苦渋の決断だったのでしょう。

一瞬、私が引き取ることを考えました。
でも。もろもろ考えて無理です。
無理して引取ってもこの子を幸せにしてあげることはできないと思います。

今や人気犬種のフレブル。
きっと里親さんは見つかると信じてますが。
できれば、持病のアレルギー皮膚炎を治すためにも手作り食にしてくれる人とか、太り気味なので適度な運動と食事管理がしっかりできる人とか、甘えん坊らしいので、なるべく一緒にいてあげられる人とかがいいな…。
自分が引き取れないのに勝手な話ですが、とにかくこのブヒが早く温かい家庭に迎え入れられ、名前をもらい、自分の居場所ができることを祈っています。