FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストラバイト犬、ルネちのごはん②
2008年08月20日 (水) | 編集 |
ルネちの朝ごはんはドロドロおじやです。

以前は生肉と米を一緒にあげていたのですが、タンパク質と穀物を同時にあげるのは良くないそうなので、今では朝穀物、夜タンパク質と分けています(動物性食品がメインの食事と植物性食品がメインの食品とを分けて与えると消化器系への負担が軽減される、と木村伸子先生が書いています)。

朝ごはんのおじや。

量…一合で三日分(ルネは9kgブヒです)
量は須崎先生の本を参考にしました。
なるべく固形でないほうが吸収がいいらしいので、できるだけドロドロにします。
寝る前にお米を炊飯器にセットして、一晩お米を水につけた状態にしておきます。
水の量は1.5合分。
これで水分を含んだゆるゆるのご飯が炊きあがります。

ご飯を炊いている間に野菜の準備。
・海藻(いつもは焼き海苔1/4畳くらい。海藻のなかでは乾のりだけが酸性です。しかし、ミネラルたっぷりなので、入れすぎ注意のようです)
ニンジンorかぼちゃ(90g前後)
緑の野菜1種類(オクラ、グリーンアスパラ、ピーマンなど、量はアスパラやオクラは3本くらい、ピーマンは1コなど、適当)
トウモロコシのひげ(木村伸子先生の本によると、尿道の慢性的な炎症に対して効果的に作用するそうで、泌尿器系に効果のあるハーブとして紹介されています。とうもろこしが旬の今の時期、ひげを集めて冷凍しています)
その他の野菜1~2品(ゴボウ、にんにく、生姜etc)
ローズヒップ(ビタミンC補給のため。天然の利尿作用があり、免疫力も強化するそうです)、
・たまに入れるもの
 煮干し(取りすぎに注意。Mgの宝庫です…かつてとりすぎて失敗しました)、干しシイタケ(取りすぎ注意)
キャベツ、ブロッコリー、ジャガイモは避ける(キャベツ、ブロッコリーは獣医さんにやめたほうが良いといわれました。ジャガイモは尿を酸性にしたいときは避けるべき食品として、『ペットの老後を健やかに』に挙げてありました)
・海藻は、たまにワカメ(塩抜きをする)、昆布(だしをとったあとのもの)を少量入れる(強アルカリ食品です)

これに水を加え、ミルにかけます。
な~んともいえない汁ができるので、それを鍋に入れて、ご飯が炊けるまでコトコトと煮ます。
野菜汁
(吹きこぼれに注意)


ご飯が炊けたら、その鍋にご飯も投入。
途中、ちょこちょこと水分を足してドロドロにします。
15分くらい煮込みます。
おじや
(焦げないように、ちょくちょくかき混ぜる必要あり)


さらに消化吸収がいいように、軽くミキサーもしくはブレンダーでお粥をどろどろにします。
ブレンダーが楽ですが。


これを三等分にして、冷蔵庫のチルド室で保管。
容器につめて


出来立てをあげる場合は良く冷ましてから(氷を投入すると早く冷めます)。
チルド室から出してあげる場合は、お湯を少し加えて冷たすぎないようにしています。

乾燥納豆4粒(酵素摂取のため。大豆もアルカリ食品なので与えすぎない)、サメ軟骨ドライパウダー小さじ1/2くらい(骨・関節・皮膚の強化のため)、リンゴ酢(カルシウムの吸収が良くなるそうです)、植物系オイル(亜麻仁油、紫蘇油等)、ビール酵母(これも、酵素摂取のため)1粒をトッピングしています。
トッピング


これで出来上がりです
参考文献


『犬と猫のためのナチュラルケアシリーズ(5) ペットの老後を健やかに!』木村伸子著


『犬と猫のためのナチュラルケアシリーズ別冊 もう迷わない! ペットの健康ごはん』本村伸子著


『愛犬のための手作り健康食』須崎恭彦著



『イヌに手づくりごはん』須崎恭彦著


『かんたん犬ごはん』須崎恭彦著


BUHI(vol.01~06)



FC2ブログランキングに参加しています。
ポチっと一押し,お願いします。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/29(Tue) 00:02 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。